西武秩父駅 祭の湯 4月24日オープン

美人屋台内に小さな逸見織物、
henmiorimono.comがございます。
皆様、よろしくお願い致します。

STYLE MEISEN 日本橋三越

NEWS〉
『STYLE *MEISEN』4/29(土)~5/15(月)
matohu表参道本店にて期間限定販売いたします。
_______________________________________________________
☆日本橋三越「STYLE *MEISEN」終了いたしました。
おいでくださいました御客様に、心よりの感謝と御礼を
申し上げます。支えてくださいましたスタッフの皆様や
関係者の皆様に心より感謝を申し上げます。
_______________________________________________________
銘仙が明治・大正・昭和と人気を博したのは、
時代とともに社会が大きく変化していく中で、
女性の社会進出や地位をファッションで後押ししてきたからに他なりません。
新時代のMeisenが始まっています。
春でございます。

日本橋三越1Fスペース#1で本日1月5日から
開催でございます。
詳細 ←クリック

富岡の昼と夜

お昼は、上州まんじゅうのにおいに誘われて
元気一杯なおばちゃんの店「岩井屋」さんで
ホルモンカレーと上州まんじゅう。

夜は、秩父の「音工房」のタバッチさんがおススメの
大きな蔵を改装した大塚水産鮮魚店直営の『蔵』さんへ
その日に仕入れた新鮮なネタで刺身やにぎり寿しなど
超新鮮な食材を使った海鮮が頂けます。
今夜は内田ようこさんと二人できました。

お通しはカズノコと蟹です。



ほっけ定食
『蔵』←クリック

二日目のお昼はCocoさんへ
どこも大混雑ですが、穴場発見です。
ステージがありますね。
BGMはJazzで料理がまた美味しいこと。
コーヒーのおかわりを料金増し無しでついでくれます。
お気に入りになりました。

夜は再び『蔵』さんでプチうちあげでお刺身定食(並)。
秩父から1時間ちょっとなので月1回食べに来たくなりました。

富岡の皆様。大変お世話になりました。
富岡が大好きになりました。

おいでいただきましたお客様に心より感謝を申し上げます。
スタッフの皆様に御礼を申し上げます。
またお会いできることを楽しみにしています。

世界遺産・富岡製糸場にて「絹のみち未来サミット」

3月17日(金)
~絹のみちから絹の国へ~に出席しています。
凄い!お客様で満席。緊張しています。
各産地の取り組みや、新しい技術で生まれた繭などのお話を伺ったり、
広域が連携した「絹のみち」観光ルートの構築などを伺っています。
千年以上の歴史がある秩父の養蚕は、3年前の大雪で養蚕農家
さんが何軒も廃業されました。秩父の宝を失わないように未来を考える
新たな取り組みが必要です。
足利市のガチャマン・ラボさんらとの広域連携プロジェクト
「スタイル・メイセン」のご報告をさせていただきました。
サミットに引き続いて、
3月18日~19日 朝9時~夕方5時まで
富岡製糸場の門正面の東繭置場にて展示販売会がはじまりました。
群馬のみなさま。初出店でたいへんお世話になります。

金星に涙しました

荒鷲さんが初場所のご報告に秩父においでくださいました
金星の瞬間はばあちゃんと二人で涙が出ましてございます。
おめでとうございます。
長年の荒鷲さんの苦労が報われた瞬間でもありました
ケガ無く、一日でも長く、
相撲が取れますように心より応援申し上げます。

STYLE MEISEN 2月21日まで

第731回デザインギャラリー1953企画展
『 STYLE * MEISEN 』がスタートいたしました。
2017年1月25日~2月21日まで。
場所:松屋銀座7階デザインギャリー1953
心よりお待ち申し上げております。
主催:日本デザインコミッティー 
企画・デザイン:matohu(堀畑裕之、関口真希子)
共催:経済産業省関東経済産業局 / 協力:秩父市、足利市
プロデュース:岡田茂樹
________________________________________________________________
クリックでWEBへジャンプ
================================================
*STYLE * MEISEN においでくださいました
たくさんのお客様に心より感謝と御礼を申し上げます。
また、支えて頂きましたプロジェクトの皆様や
スタッフの皆様、銀座松屋の皆様に
心より御礼を申し上げます。

銘仙の年間生産数

銘仙豆知識

ご存じないかと存じますが、全国の着尺銘仙の年間生産総数の
83.4%は未だ弊社が真心を込めて生産しております。